コンテンツ

証拠を揃える方法

旦那が浮気をしている可能性がある、そんな時に妻が考えること。それは離婚です。
一般的にという言い方をすると語弊があるかもしれませんが、浮気を直させよう、または旦那の浮気は自分の責任だから、夫婦の仲を戻したいと考える人は少ないようです。
夫は浮気をするものだと先入観を持って結婚生活をしている女性はいないでしょうし、もしも浮気や不倫といった不貞行為の影を見付けてしまうとショックを受ける女性がほとんどです。
旦那さん、男性にとっては厳しい言い方になりますが、これが浮気や不倫に対する現状です。

そして、浮気の真相、実際に浮気をしているかどうかを調べるために探偵へ浮気調査の依頼を行い、証拠写真を手に入れようとする人も多いのですが、これには理由があります。
もしも、離婚をするとなったときに、相手側に離婚をする理由があったとしても、離婚は多大に納得した上でなくては離婚が出来ません。もしも一方が離婚を拒否した場合には離婚は成立しません。
そこで裁判によって離婚を出来るかどうかを決めてもらう、裁判離婚があるのですが、この裁判離婚では離婚原因となる証拠がハッキリと存在しているかどうかで判決が左右されるのです。

そして裁判離婚で証拠能力としてもっとも高いのが浮気現場を撮影した写真になります。
確かに証言や映像といったものにもある程度の証拠能力はあるのですが、証拠となる物が写真の場合は能力的に申し分ありません。
裁判離婚をする必要がないかもしれない、しかしもしかすると裁判離婚になったとき、浮気の証拠を持っているのと持っていないのでは判決が違ってきます。





浮気調査の証拠写真が離婚に役立つ